fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

イスラエルはシオニスト(偽ユダヤ)が創った国

ユダヤ教徒がイスラエルの国旗を燃やしています。(下の写真)これの意味するものは何か?真のユダヤ教徒はシオニスト国家イスラエルを認めていないのです。

ユダヤ教徒は平和を愛する人です。シオニストは違います。



トランプ大統領の発言(エルサレムはイスラエルの首都として認めた。)によって世界中の人々が騒ぎ始めました。トランプの大失言と言われていますが、これによりイスラエルに対する風当たりは激しさを増したはずです。


いずれシオニストによってイスラエルが建国されたということが暴かれるでしょう。ユダヤ人とシオニストについても違いがわかるはずです。




Takeshi OonukiさんのFacebookより。(イスラエル建国についてわかりやすくまとめています。)


今日、アメリカはエルサレムに大使館をテルアビブから移転すると発表した。

此れは兼ねてより1917年のイギリス フランスのバルフォア宣言からイスラエルがアラブ人国家の中で偽ユダヤ国家として國として認めろとアメリカに言ってきた事だ。

1916年のサイクス ピコでオスマン帝国はイギリスとフランスに縦と横に國を切られたのが、今の中東である。

そのアラブ人国家にユダヤ教の偽ユダヤ人を移民して作られたのがイスラエルであり、仮装国家なのである。

此れに関わったのがライオネル ウォルター ロスチャイルドであり、イギリス政府のシオニズム支持表明とされた訳である。


此処で忘れてはならないのは、三回の世界大戦シナリオを裏でライティングしてるのは、支配層であるヨーロッパ貴族、所謂、金融資本勢であり、Freemasonであることだ。


しかし、アラブ人からしたら、キリスト教の國に國を割られ、かつ、勝手に対立するユダヤ教国家を作られた訳であり、アラブ人が納得する筈はないのである。


此れこそが正に、分断統治と言う手法で、現在、日本でも現実となりつつある日本内地に中国人が突如国家を形成しつ居座ったような事である。


昨年、オバマはイランに核合意を許可した。イランのアフマディネジャド大統領はその歴史的な背景から、イスラエルを地上から消すと言っている。


イスラエルは周りの隣国から、忌み嫌われた存在である。


続きはこちら
https://www.facebook.com/takeshi.oonuki.54/posts/1899192267075900




元NSA職員のジョン・パーキンス氏はイスラエル建国の内情を語っています。


「エコノミック・ヒットマンが語るアメリカ帝国の秘史より一部抜粋」


第3次中東戦争から40年経ちます。
イスラエルを「中東の砦」と呼んでいますね?


不幸なことにイスラエル人の多くは あの土地をホロコーストの代償に 「与えられた」と信じ込まされたのです。


彼らは酷い目にあったし補償と安心を約束されて当然でしょう、だが何故それがアラブ世界の真ん中なのか?


伝統的な敵の土地を選んだのは 最大の油田地帯の中心部に我々(アメリカ帝国)の砦を築く為です。建国時から判っていました。イスラエルの人々がひどく利用されてきました。あれは我々が中東に築いた壮大な軍事基地なのです。


そのため周りを取り囲む中東のアラブ社会から とてつもない恨みと反感を買ってしまった。こんな状況からろくな結果は生まれません。


でもイスラエルの軍事拠点は我々の防衛には重要なのです。攻撃も仕掛けられる信頼できる拠点です。 


かつて十字軍が建てた城砦に等しい、こんな近くにイスラエル人が囚われているのは痛ましい。 アメリカ人にも世界中の人にも悲しいことです。(動画の9分20秒から)




次の動画もどうぞ「真のユダヤ教徒はイスラエル国家を認めない」(日本語訳、約5分)




偽ユダヤとはユダヤ人を装ってるハザール人(白人)のことを指します。その歴史は長いです。参考にどうぞ






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

なるほど火星15号はアメリカのICBMタイタンⅡにそっくりなのか

北朝鮮の大陸弾道ミサイル火星15号はアメリカのICBMタイタンⅡの形状にそっくりなんだそうです。ということは謎が解けてきたような気がします。


北朝鮮には餓死する人々が絶えないといわれているのに、なんで莫大な費用を必要とする核弾道ミサイルの開発は続けられるのでしょうか?何らかの後ろ盾がなければできるはずはありません。


この火星15号によって、ついにアメリカ全土まで到達可能となったようです。アメリカは北朝鮮を攻撃できる最大の理由を得たということです。


つまり考えられるのは戦争屋アメリカの自作自演。


それにしても日本周辺に落下したミサイルの残骸をなぜ回収しないのでしょうか?回収すると何かまずいものでもあるのですか?
日本の深海探査能力は世界有数の国のはずですよ。






暗黒国家「詩織さん事件で浮き彫りにされたブラックボックス」

衆議院議員 柚木道義氏のフェイスブックより転載します。
https://www.facebook.com/michiyoshi.yunoki/posts/947707178709597?pnref=story


法務委員会での希望の党・柚木議員の質問です。
今や司法がブラックボックス化しつつあります。
先日詩織さんに問いかけられて、
逃げ出した中村格さんの動画を拝見しました。
何もしていなければ、自分に疚しい思いがなければ、
堂々と詩織さんに対峙できるはずです。
これもまた「みっともない」姿ですね。


【詩織さんの準強姦罪事件追及で法務委員会が大荒れ!「総理の友達だから逮捕されないのか!?」】
2017年12月2日


柚木議員:
「最後の砦ともいえる検察審査会がブラックボックス化している。詩織さんの準強姦罪事件の捜査の公正性、審査の公正性に疑念がある。捜査プロセスが適切でなければ、法改正しても意味がない。国家公安委員長を呼んだのに、なぜ来ないのか?被疑者であるTBSの元記者を成田空港で逮捕する寸前に中止させた中村格内閣官房総括審議官(当時の警視庁刑事部長)も欠席している。彼らが、安倍総理や菅官房長官にこの件を報告していたのか、直接訊きたくて呼んだのに、なぜ来てもらえないのか?そんなにやましいことをしているのか?」


委員長:
「・・・・・・・・個別の事案ですので・・・・・・理事会の協議事項なので、それを経てください・・・速記を止めてください・・・(中断)・・・一般人の個別の事案について議論するのは控えて頂きたい」


柚木議員:
「今までも一般人の事案についてさんざん議論をしてきている。冤罪事件も含めて・・。なんで山口さんだけ特別なのか?安倍総理の友達だからか?おかしいでしょう?納得できません。理事会にも提案している。他の委員会では認められている。なぜ法務委員会だけダメなのか?安倍政権は開かれた司法ではないのか?」


委員長:
「速記を止めてください。・・・・(長い中断)・・・・。この委員会では、あくまで一般論として審議するということなので、個別の人名を出すのは相応しくないと思います。・・・審議を続行してください。」


柚木議員:
「(元TBS記者:山口氏の著作「総理」を指し示しながら)、こういう本が出ているということを言うことが、なぜダメなのか?捜査過程の適正性について疑義があるから、これから説明するんですよ。中村格氏(当時の警視庁刑事部長)自身が、元被疑者の山口氏逮捕を直前でやめさせたと、取材で認めている。これが事実かどうか、なぜ逮捕の執行を直前で停止したのか?この法務委員会の場で確認したかった。詩織さんは検察審査会に不服申し立てをした後、この本「ブラックボックス」を出版した。法務委員会もこんなことをやっていたらブラックボックスになる。総理のお友達であれば逮捕を執行停止に出来るのか、そのような前例があるのか、委員会に出席してもらわなければ質問できないではないか。こんなことをやっていたら、性犯罪厳罰法を改正しても実効性が失われる。委員会への出席要請は文書でも通告しているし、警察庁との連絡室とも直接やりとりしている。いい加減にしてもらいたい。
 国家公安委員長と中村格氏(当時の警視庁刑事部長)を今日呼べないんだったら、次の会に呼んで欲しい。」


委員長:
「理事会で協議します。」



柚木道義議員 「詩織さんの準強姦罪事件問題」法務委員会 (前半)



柚木道義議員 「詩織さんの準強姦罪事件問題」法務委員会 (後半)



伊藤詩織さんが「逮捕状を握り潰した」警視庁刑事部長を直撃取材





そうそう確かTBSの反対を押し切って「韓国軍ベトナム人慰安婦」の記事を公表したとか言ってましたよね。ネット右翼さんも参考にどうぞ




【週刊新潮】山口敬之「韓国軍に慰安婦」は捏造か 元米軍大佐が証言







アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕生させた「米史上最悪の救出作戦」堤未果さんのインタビューです。

「ピックアップ特集!戦争を知る」より一部抜粋します。参考にどうぞ
http://natgeotv.jp/special-contents/category/military/index.html


イラク戦争の重要な転機となった武力衝突事件「ブラックサンデー」の全貌を、ナショナル ジオグラフィックが総力を挙げて描くドラマシリーズ「ロング・ロード・ホーム」日本での放送開始に先駆けて、イラク戦争の知られざる裏側や同ドラマについて、有識者が語るインタビュー。


堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕生させた「米史上最悪の救出作戦」


イラク戦争が長期化して国がボロボロになり、厭戦ムードが充満し、去年の選挙では過半数を超える軍関係者がトランプを支持しました。とはいえ、アメリカは戦争経済をずっと維持してきた国、トランプ政権も例外ではありません。利権のための戦争が次に東アジアで起きれば、政治的挑発のしわ寄せが日本にくる可能性は大いにあります。


世論で戦うべきだと言っている人たちは、自分が当事者だとは考えていないのかもしれません。志願制のアメリカで対テロ戦争を戦っているのは全人口の1%ですが、社会が豊かでなくなるにつれ、高騰する学費に苦しむ学生や医療破産者、リストラされた中高年たちの入隊数が増えています。つまり、アメリカ社会ではある一定層を除き、誰もが生活と引きかえに戦争にいく構造が広がりつつある。規制緩和によって医療や教育や公共サービスが"自己責任"の方向に進んでいる日本でも、「経済徴兵制」は他人事ではありません。


北朝鮮の問題や安保法制の議論があり、一方では貧困が拡大して学費のために借金を負う学生も増えている。そんな日本で今この「ロング・ロード・ホーム」が放映されるのは、日本人が問題意識を明確にするうえで大きな意味があると思います。




【ナショジオ】「ロング・ロード・ホーム」 時代背景解説映像






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スマートフォンによって奴隷と化した人たち

ちょっと衝撃的な画像ですが、もしかしたらこれが社会の現実かもしれません。
Steve Cuttsさんの風刺画はスマートホンで人々が奴隷と化しゾンビのようになっている姿を上手く表しています。➫Steve Cutts - Home




Steve Cuttsさんのアニメもどうぞご覧ください。いったい人類は何処へ行こうとしているのでしょうか?考えさせられます。



This is our world by Steve Cutts



こんな画像もありました。「新型のスマホが出るたびにこんな行動も」




食事中に会話もなくスマホを操作している姿はちょっと寂しいですね。


【食事中スマホばかりの息子。その時父は?】
子育ての苦労って世界中どこでも同じですね。すみません話がそれてしまいました。



Pass The Salt



スマホが無くても、家族が直接話し合うサザエさん一家が理想的ですね。こういう一家団欒の姿って少なくなってきたような気がします。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村