fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

カーチス・ルメイ(アメリカ軍) 日本本土に焼夷弾の雨を降らせ、 100万人を焼き殺した張本人。

カーチス・ルメイ(アメリカ軍) 日本本土に焼夷弾の雨を降らせ、... - Koichi Shimamura | Facebookさんのフェイスブックより引用します。



日本政府はルメイに対し、「航空自衛隊の創設に貢献した」という理由で、勲一等を授けています。(下の画像)




カーチス・ルメイ(アメリカ軍)日本本土に焼夷弾の雨を降らせ、100万人を焼き殺した張本人。



第二次大戦中のヨーロッパ戦線。
米軍爆撃隊の兵士達は、対空砲火の精密さや
迎撃戦闘機の高性能ぶりなど、


ドイツの防空能力の高さに恐れを抱いていました。
そして、「整備不良」の爆撃機が次々出る始末。


みんなテキトーな事言って、
戦場に行きたがらなかったのです。
見かねた上官、自らも戦闘機に乗り込み、爆撃に出撃します。
そして、
爆撃隊の後ろにピッタリと張り付き、上官は言いました。


「逃げる奴は撃ち落す。私に殺されるか、
 ドイツ人を殺すか、さあ選べ」


その鬼畜な上官が、後に少将となるカーチス・ルメイでした。


ルメイはその後、太平洋戦線に転属となります。
着任早々、ルメイは
「軍事施設への精密爆撃では手緩い。無差別爆撃だ」と
言い出します。
そして、日本の都市部への低高度からの無差別絨毯爆撃を
立案しました。


当然、部下達は反対しました。
高高度爆撃に特化した新型爆撃機、
B-29が配備されたばかりだったからです。
B-29を使って低高度爆撃を敢行するということは、
狙撃銃で突撃して格闘するようなものです。


普通はそんな事しない。
でもルメイは聞く耳を持ちませんでした。
低高度からの絨毯爆撃によって確実に日本人を虐殺し、
日本の戦意を減退させるのが、
もっとも合理的と考えたのです。
ルメイは更に、日本本土爆撃のために、
焼夷弾を新たに開発させました。


関東大震災の際の日本家屋の燃え方を検証し、
最も燃える爆弾を作りました。


本土爆撃が始まります。燃料は行って帰って来れるだけの最小限、焼夷弾は最大積載、当時の最新技術が詰め込まれたリモコン制御の銃座を外し、その分焼夷弾を積み、より多くの人間を殺せるように夜間爆撃に絞りました。


1945年3月10日。首都・東京への大爆撃が敢行されます。低空で首都上空に侵入したB-29約300機は、まず、集中爆撃箇所の周囲四方6キロを爆撃、人々の退路を断った後、その中に焼夷弾をひたすら投下しました。。
かくして、大爆撃は一晩で10万人を殺戮し


3月10日に行われた空襲一日だけで東京の4割が壊滅し、
26万戸が焼け百万人が家を失った


 その後4月と5月に2度の空襲が行われたが、これによって完全に焦土と化した東京は、もはや魅力のある目標ではなくなり戦略目標からはずされた。
 この死のじゅうたん爆撃は、それを皮切りに日本のすべての都市に向けられていく。名古屋、大阪、神戸などが時期を同じくして壊滅していった。


ですが、大火災による火災旋風に(低高度爆撃ゆえに)巻き込まれたり、対空砲火で撃墜されたりなど、米軍側の被害も甚大なものでした。
部下や戦友を失った兵士達はルメイに詰め寄ります。「低高度爆撃のせいで多くの仲間が死んだ!」と。でも、ルメイは冷静に言います。


「何と言われようが、低高度爆撃は有効だ。昨晩は何万人も殺せただろう。作戦は成功だ。日本の都市を全て燃やし尽くす」


その後も、
日本の主要都市に対する大規模爆撃は続きました。


やっとそれが落ち着いたのは、


基地にある爆弾の在庫が底をついた時でした。
でもルメイは
「まだ日本は灰になっていない。もっと爆弾をくれ」と
要請し続けたそうです。


非戦闘員の虐殺は立派な国際法違反ですが、
ルメイは
「日本人はみんな戦闘員だからいいんだよ!」
という強引な論理で、それを捻じ伏せています。


その後ルメイはベトナム戦争の際の北爆を指揮します。
「ベトナムを石器時代に戻してやる」
と高笑いしていたという


日本はルメイに対し、
「航空自衛隊の創設に貢献した」という理由で、
勲一等を授けています。



昭和天皇が日本に米軍駐留を望んでいた理由とは(一つの説にすぎませんが。) 


裕仁が当時一番恐れていたことは,こういうことであった。「共産主義による革命で天皇制が脅かされることをなによりも恐れた天皇は,アメリカ軍の駐留が必要であることを誰より痛感していた。もとより,天皇にとって自らの命より,天皇制存続こそが最重要」であった。http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1060630860.html?p=3



写真は,敗戦後の地方巡幸で1949年5月29日,福岡県大牟田市の三井三池炭鉱三川坑の切り羽を訪れた昭和天皇。アメリカ人が彼に向けたカメラに対して笑顔を作った裕仁の表情である。(この笑顔の意味とは?)
http://c.nishinippon.co.jp/photolibrary/cat662/cat2/








にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

西欧諸国に保護されるホワイト・ヘルメットとウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジの危機

シリア国内で猛威を振るっていたテロリストたちは、現在米軍の支援がない状態が続いており、衰退の一途をたどっています。


そして、ロシアの支援を受けている「シリア・アラブ軍」(シリア政府軍の正式名称)の猛攻によって降伏した反政府軍とテロリスト達は武装解除後、国外に去っています。


シリア国内で、テロリスト達の支配地域で活動していたNGOのホワイトヘルメットについては、イスラエルが積極的に、この組織の亡命を認めて受け入れを始めています。(もちろんホワイトヘルメットに限らず他のテロ組織なども受け入れていると思われます。)


カナダとドイツも受け入れを表明していますが、ドイツでは議員の間から「テロリストを受け入れず、アサンジ氏を受け入れるべきだ」という意見も出ています。RTニュースをご覧ください。


ドイツはホワイトヘルメットに亡命者として認めようとしているが、アサンジについては亡命を認めないのかと何人かの議員は疑問視している。(RTニュース、日本語字幕)





サウスフロントニュースはシリア国内の戦闘状況を毎日詳しく更新しています。ご覧ください。サウスフロントニュースより動画を引用 → https://southfront.org/


シリア内戦報告 2018年7月23日:イスラエルはホワイト・ヘルメットのメンバーをシリア南部から避難させる。(日本語字幕)




米露首脳の会談では、シリア情勢以外に、ウィキリークスとアサンジ氏が議題に上がっていたと思います。残念な結果にならないことを願います。




宜しければユーチューブの登録をお願いします。→ FACE THE TRUTH - YouTube




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

RT(ロシア・トゥデイ)は支配層に立ち向かう唯一のメディアだと思います。

RTアメリカの短い紹介動画です。ご覧ください。



動画の日本語字幕を記載します。


大手主流メディアは、偽りの集まりです。
大企業の監視の下で、情報は検閲だらけです。
皆さんに真実を伝えません。
腐敗した支配層の動機によって、(人々は)解放されないのです。
もしも、この事実に気づいたなら、RTアメリカから(真実の)情報を求めてください。
私たちは敢えて挑戦します。



RTアメリカから情報を求めてください。Turn to RT America(日本語字幕)
字幕ONでご覧ください。





宜しければYOUTUBEの登録をお願いします。⇒ FACE THE TRUTH - YouTube




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

米露首脳会談で怒り狂う米国のマスメディアと議員たち

米露首脳会談の記者会見はトランプ・プーチンを非難する場でありました。マスメディアが選挙介入疑惑を持ち出してきましたが、何の問題もなく、逆に一体感を見せたのです。マスメディアの敗北であったと私は思います。



Donald Trump 日本語訳 on Twitter(2018年7月19日):「私がロシアのプーチン大統領と良好な関係であるのを気にいらん者たちがいる。彼らはそんなものを見るくらいなら戦争がしたいのである。これが"トランプで発狂症候群"と呼ばれる病気だ。」



米露首脳会談の記者会見「ロシアが敵であることを米国のメディアは支持している」 ロンポール(日本語字幕)





Donald Trump 日本語訳 on Twitter:( 2018年7月20日):「フェイクマスコミどもが血迷っている。なんのウラ取りもソースも証拠もなく、記事を捏造しているのだ。私や私の周囲の善良な人々についての記事の多くはまるっきりの作り話だ。反論するとよけい宣伝になってしまうのは問題だが、とにかく私は反論していくことにする。」



この米露首脳会談によって、中東の火種である「大イスラエル計画」が頓挫すればいいですが、それは無いでしょうね。




宜しければYOUTUBEの登録をお願いします。⇒ FACE THE TRUTH - YouTube


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

イスラエルによる先住民の強制退去、エルサレム 近郊のベドウィン集落ハーン・アル・アフマル村の解体撤去作業は続く

住民を強制退去するイスラエル軍です。パレスチナの赤十字によると、IOF(イスラエル占領軍)によって負傷したパレスチナ人は35人にも及んだそうです。( 7/5 )




RT(ロシア・トゥデイ)がパレスチナの現状を伝えます。( 7/7 )
しかしながら、米露首脳会談が近づいてきた来たこともあり、報道はだいぶイスラエルに配慮した内容となっています。


ジャーナリストとのIDFの衝突、ヨルダン川西岸のベドウィン集落の解体に抗議
(日本語字幕)




ベドウィン集落ハーン・アル・アフマル村の解体撤去は住民の同意なしに行われています。動画を幾つか載せます。ご覧ください。


パレスチナの先住民を強制退去するイスラエル占領軍(Shehab News
@ShehabAgencyEn)より。(日本語字幕)




EU代表団にイスラエルの占領軍は、ハーン・アル・アフマル村を閉鎖された軍事区域として宣言、あまりにも勝手な振る舞いに驚きです。7/5



同じくベドウィン集落ハーン・アル・アフマル村の映像です。集落の人々はイスラエル兵の横暴な行動に抵抗します。
(Shehab News@ShehabAgencyEn)より。7/5



ガザ 国境で パレスチナ 非武装市民を狙撃する イスラエル 兵が自ら撮影したとされるビデオ。“標的”のデモ参加者を「ビッ◯の息子」と侮蔑的に呼んだ上、銃弾が命中すると歓声をあげる様子が記録されている。



動画追加します。先日14日、パレスチナのGAZA地区にイスラエルのミサイル攻撃がありました。


14日、#ガザ 市西部のAl-Katibaビルが #イスラエル 軍のミサイルで爆撃された瞬間です。Ameer al-Nimraくん(15)と Loay Kuheilくん(16)の2人が死亡、10人が負傷。
( 音量注意、爆発音がします。)







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村