fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

米露首脳会談で怒り狂う米国のマスメディアと議員たち

米露首脳会談の記者会見はトランプ・プーチンを非難する場でありました。マスメディアが選挙介入疑惑を持ち出してきましたが、何の問題もなく、逆に一体感を見せたのです。マスメディアの敗北であったと私は思います。



Donald Trump 日本語訳 on Twitter(2018年7月19日):「私がロシアのプーチン大統領と良好な関係であるのを気にいらん者たちがいる。彼らはそんなものを見るくらいなら戦争がしたいのである。これが"トランプで発狂症候群"と呼ばれる病気だ。」



米露首脳会談の記者会見「ロシアが敵であることを米国のメディアは支持している」 ロンポール(日本語字幕)





Donald Trump 日本語訳 on Twitter:( 2018年7月20日):「フェイクマスコミどもが血迷っている。なんのウラ取りもソースも証拠もなく、記事を捏造しているのだ。私や私の周囲の善良な人々についての記事の多くはまるっきりの作り話だ。反論するとよけい宣伝になってしまうのは問題だが、とにかく私は反論していくことにする。」



この米露首脳会談によって、中東の火種である「大イスラエル計画」が頓挫すればいいですが、それは無いでしょうね。




宜しければYOUTUBEの登録をお願いします。⇒ FACE THE TRUTH - YouTube


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

イスラエルによる先住民の強制退去、エルサレム 近郊のベドウィン集落ハーン・アル・アフマル村の解体撤去作業は続く

住民を強制退去するイスラエル軍です。パレスチナの赤十字によると、IOF(イスラエル占領軍)によって負傷したパレスチナ人は35人にも及んだそうです。( 7/5 )




RT(ロシア・トゥデイ)がパレスチナの現状を伝えます。( 7/7 )
しかしながら、米露首脳会談が近づいてきた来たこともあり、報道はだいぶイスラエルに配慮した内容となっています。


ジャーナリストとのIDFの衝突、ヨルダン川西岸のベドウィン集落の解体に抗議
(日本語字幕)




ベドウィン集落ハーン・アル・アフマル村の解体撤去は住民の同意なしに行われています。動画を幾つか載せます。ご覧ください。


パレスチナの先住民を強制退去するイスラエル占領軍(Shehab News
@ShehabAgencyEn)より。(日本語字幕)




EU代表団にイスラエルの占領軍は、ハーン・アル・アフマル村を閉鎖された軍事区域として宣言、あまりにも勝手な振る舞いに驚きです。7/5



同じくベドウィン集落ハーン・アル・アフマル村の映像です。集落の人々はイスラエル兵の横暴な行動に抵抗します。
(Shehab News@ShehabAgencyEn)より。7/5



ガザ 国境で パレスチナ 非武装市民を狙撃する イスラエル 兵が自ら撮影したとされるビデオ。“標的”のデモ参加者を「ビッ◯の息子」と侮蔑的に呼んだ上、銃弾が命中すると歓声をあげる様子が記録されている。



動画追加します。先日14日、パレスチナのGAZA地区にイスラエルのミサイル攻撃がありました。


14日、#ガザ 市西部のAl-Katibaビルが #イスラエル 軍のミサイルで爆撃された瞬間です。Ameer al-Nimraくん(15)と Loay Kuheilくん(16)の2人が死亡、10人が負傷。
( 音量注意、爆発音がします。)







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

シリア情勢:化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)の中間報告は曖昧で意味をなさない。



4月、アサド大統領が自らの国民に対して、化学兵器を使用しているとトランプ大統領が非難した一週間後に、フランスと英国そして米国はシリア国民を守るという人道的見地の名目でシリアを空爆しました。


ロシアの軍事専門家は、トランプの非難の後にその地域の調査をしましたが化学兵器使用の痕跡は見つけられませんでした。西欧諸国の軍事攻撃は化学兵器禁止機関(OPCW)がシリアのドゥーマを調査する予定日の前日に行いました。本来なら調査を待つべきです。誰もがそう思うはずです。


7月6日、化学兵器禁止機関(OPCW)の中間報告がありました。その報告に、迅速に反応したBBCをはじめとする幾つかの報道機関は化学兵器使用の痕跡を発見したという見出しでニュースにしましたが、冷静にOPCWの報告書を見ると有機塩素化合物を発見しただけであって、化学兵器使用の痕跡については何も記述がありません。日本のメディアでは読売新聞と毎日新聞が7日に報道しました。
シリア:攻撃現場に有機塩素化合物 OPCWが報告 - 毎日新聞



化学兵器禁止機関(OPCW)の中間報告



OPCWの中間報告を翻訳した記事



この件について化学に詳しい専門家の意見を交えながらRTが解説します。ご覧ください。


デゥーマで発見された化合物は産業用の一般的な薬品に過ぎないと専門家は述べる。
(日本語字幕)




検出された皮膚治療薬に飛びついて、「これが化学兵器の証拠だ」と言っている人達が本当の脅威です。



宜しければYOUTUBEの登録をお願いします。⇒ FACE THE TRUTH - YouTube


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

「米国の対イラン制裁について」と「アメリカ人が思うプーチン大統領の印象とは?」(RTニュース)

トランプ大統領は、イランに対する対抗処置をより一層強めようとしています。


最近のトランプのツイートで明らかになったのは、米国と米国の同盟国によるイランに対する制裁(原油不買運動)で起こる原油量の不足分をサウジアラビアの協力で補おうというものです。


しかしトランプのツイートで示したサウジの原油200万バレル増産に、疑問を持つ専門家がいます。


世界はトランプのツイートに過剰に反応しているかもしれません。それがトランプの戦略でしょうか?


トランプのツイッターです。6/30



トランプ大統領のツイートは、イランとベネズエラを弱体化させるゲームの一部にすぎない。(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。





最近になってトランプとロシアのプーチンは双方歩み寄ってきたようですが、アメリカではプーチンに対してどのような印象なのでしょうか?RTが実験してくれました。ご覧ください。


米国でのプーチン大統領の印象は?(3年前)プーチンのTシャツでNYCを歩く。2015/09/29 字幕ONでご覧ください。








にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

(※動画を更新しました。)「日本の隠された恥」日本は権力によって汚染されている。

日本の恥を描いた英国BBCのドキュメンタリーです。詩織さんの起こした勇気ある行動で、多くの女性が被害にあうことなく救われるかもしれません。


英BBCが伊藤詩織さんの特集番組を放送し、世界から反響!事件の詳しい経緯を紹介!





(動画はこちら)早速翻訳してくださった方々がいます。ご覧ください。


また出現しましたが、すぐに消されるでしょう。↓


伊藤詩織ドキュメンタリー「レイプ、日本の隠された恥」
Part 1 of 2~Part 2 of 2(日本語字幕)


以前ウーマンラッシュアワーの動画が消されたことがありましたが、それは国内だけで、しかもYouTubeのみでした。今回の伊藤詩織ドキュメンタリー「レイプ、日本の隠された恥」は海外を含む様々な動画投稿サイトで消されています。詩織さんの自宅に盗聴器を仕掛けたことが公にされる事を恐れているから?ともかく独裁共産主義国なみの言論統制がこの日本で始まりました。



「日本の沈黙(レイプ)を破った。」Shiori Ito broke Japan's silence on rape(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。



BBC(日本)がドキュメンタリーの一部を紹介


BBCは28日夜、強姦されたと名乗りを上げて話題になった伊藤詩織氏を取材した「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」を放送した。約1時間に及ぶ番組は、伊藤氏本人のほか、支援と批判の双方の意見を取り上げながら、日本の司法や警察、政府の対応などの問題に深く切り込んだ。制作会社「True Vision」が数カ月にわたり密着取材したドキュメンタリーを、BBCの英国向けテレビチャンネルBBC Twoが放送した。
(一部動画あり)




動画「レイプ、日本の隠された恥」の抜粋した一部分です。(詩織さんに対する愛国者(自称)の攻撃はひどいものです。






こちらのサイトでは海外動画を翻訳してくださっています。日本のニュースでは得ることができない海外の情報(動画)を日本語で閲覧できます。無料登録のためのメルアドが必要となります。ご利用ください。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村