fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

加計学園の獣医学部申請にあたり、現職15名の市議会議員に対して一人当たり1000万円の賄賂を渡していた?「買収疑惑」

「加計問題は時間の無駄、もういい加減にしてほしい。国防や経済など重要問題がたくさん有るのに」


保守派の間から、こんな声が聞こえ始めています。でも加計問題は決して小さな話ではありません。次の記事をぜひご覧ください。これが事実であれば、今治市民が怒るのも当然だと思います。



「加計学園の獣医学部新設問題で大揺れの愛媛・今治市に再び激震が走っている。加計学園の誘致を巡り、菅良二市長や加計孝太郎理事長らが共謀して市議らにカネを配った疑いがあるとして、市内の男性住民が菅市長や市議らに対する告発状を松山地検に提出したのだ。」⇩⇩⇩




「加計学園加計孝太郎、菅良二今治市長、今治市議15名を収賄で告発!
告発状『被告発人菅良二は、平成27年6月4日、内閣府国家戦略特区における学校法人加計学園の岡山理科大獣医学部新設の申請にあたり、当時の市議会議員および現職15名の市議会議員に対して1000万円の賄賂を渡していた。」⇩⇩⇩




「加計学園の誘致をめぐって贈収賄があったとして、今治市の男性が27日、加計孝太郎理事長、菅良二市長、市議会議員を松山地検に告発した。
告発状によると加計理事長と菅市長は、誘致に反対しないようにと市議会議員13人に1人当たり1,000万円を渡した。もしこれが事実で、金の出所が官房機密費だったりしたら、一発でアウトだ。」⇩⇩⇩





市民不在で国と市の行政が一方的に進めてきた結果です。⇩⇩⇩


【加計学園の説明会~怒号とヨイショが飛び交う!?】







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村