fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

プーチン大統領の警告「北朝鮮危機は第3次世界大戦を勃発させるための偽旗作戦」

北朝鮮を取り巻く情勢は今までにないほどの危機感が迫っています。


マスコミが、追い詰められた北朝鮮が暴発するかもしれない如くの報道を繰り返していますが、北朝鮮が脅威というより、プーチン大統領の発言のように「北朝鮮危機は第3次世界大戦を勃発させるための偽旗作戦」つまり戦争を起こしたい者達が北朝鮮を利用している。これが北朝鮮危機の真相ではないかと思うのです。⇩⇩





世論調査なのか世論誘導なのか?


連日のようにテレビ、新聞では北朝鮮のミサイル問題が報道されています。最近ではアメリカ国内でも北朝鮮の脅威が国民に浸透しているようです。


9日のCNNニュースでは、「米国民の62%が北朝鮮について脅威と考えている」なのだそうです。しかも北朝鮮に対する軍事行動を支持する割合も増えているとか?



先日9日、首都ワシントンのホワイトハウス近くにトランプ大統領に似せた鶏の形をした巨大風船人形が現れたそうです。英語で鶏に当たる「チキン」は「臆病者」という意味もあります。


アメリカと北朝鮮のチキンゲームのことを言ってるのでしょうが、まるで躊躇せずに軍事行動せよと煽っているようにも見えるのです。



Trump-like inflatable chicken pops up outside Whitehouse


北朝鮮のミサイルを脅威と思っていても、そもそも北朝鮮がいったい何処にあるのかを知っているアメリカ国民は以外と少ないかも知れません。


「道行くアメリカ人に「北朝鮮ってどこ?」と聞いてみたら…」というインタビュー映像がとても印象的です。



たぶん普通のアメリカ人ってこんな感じだと思います。この映像を見てわかるりますが、何も知らない人々を世論誘導することはマスコミにとって、いとも簡単なことなんでしょう。



XDay(戦闘開始)について


マスコミの北朝鮮のミサイル問題を見ていて気づいたんですが、ミサイルの射程が徐々にアメリカ大陸に近づいてきましたよね、これでアメリカが北朝鮮への軍事攻撃を開始する兆候がつかめそうです。「北のミサイルついに射程が米本土まで可能に」こんなニュースが出たときがXDay(戦闘開始)でしょうか。



つい最近の情報としてのXDayですが、北朝鮮建国記念日の9月9日だと言われています。トランプ大統領と安倍首相の電話会談で北朝鮮への軍事攻撃の会話がリークされたということです。



こんな重要な情報が表に洩れるはずないと思いますが、これは国民の不安を煽るためなのか、フェイクニュース(偽旗情報)でしょうか。


その他の重要な情報として、あくまで推測ですが、実際のXDayのきっかけは旅客機にあるかもしれません。旅客機はすでに遠隔操作ができるのです。


実はマレーシア航空機失踪事件も遠隔操作に関係していたようです。(アジアでは唯一マレーシアがTPPに反対していたそうです。)次のブログをご覧ください。⇩⇩⇩




繰り返しになりますが「北朝鮮危機は第3次世界大戦を勃発させるための偽旗作戦」です。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村