fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

「自民党は保守じゃないんですよ」と語る漫画家の小林よしのりさん

みんな気づき始めましたね。漫画家の小林よしのりさんもその一人です。


写真はライブドアニュースより http://news.livedoor.com/article/detail/13748394/



「自民党は保守じゃないんですよ」 漫画家・小林よしのりが応援演説で語ったこと


「ゴーマニズム宣言」で、いわゆる「左派」を厳しく批判し、保守派の論客として知られた漫画家の小林よしのりさんが、立憲民主党を応援している。


10月14日には、JR新宿駅前で開かれた街頭演説会で登壇し、安倍政権を「保守じゃない」と厳しく批判。立憲民主党を支持するように訴えた。


小林さんは1986年に連載が始まった「おぼっちゃまくん」が大ヒット。その後、社会風刺マンガ「ゴーマニズム宣言」で、社会問題への発言が注目された。


90年代後半には、日本の自虐史観を変えようと訴える「新しい歴史教科書をつくる会」に参加。社民党や朝日新聞などを批判する急先鋒として知られた。



保守論客が、なぜ、立憲民主党を応援するのか


小林さんは、安保法制を例に挙げて自民党を「保守ではない。単なる対米追従勢力」だと批判した。


「安倍政権は暴走している」「ヒトラーは民主主義から生まれた」などと指摘し、「権力の暴走に立憲主義でフタをしよう」と立憲民主党を応援した。


続きはこちら⇩⇩




立憲民主党の勢いは止まらない。昨日10月14日に行った 東京大作戦の写真です。
https://twitter.com/CDP2017/status/919406730764627968



今回の選挙は愛国保守VS自称保守(対米追従勢力)の対決だと思います。皆さん選挙に行きましょう。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村