fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

北朝鮮のミサイルが危険ではないという説

画像は北朝鮮の弾道ミサイル火星14号

こんなもんが本当に飛んで来たら大変なことですが、冷静に考えると北朝鮮が先制攻撃する可能性は限りなく低いと思います。次の記事をご覧ください、理にかなっていると思います。



北朝鮮のミサイルが危険ではない理由


「ワイドショーやニュースは北朝鮮からミサイルが飛んできたと大騒ぎしますが、大企業の経営者や銀行の幹部達は全然あわてていません。


なぜなら、北朝鮮という国がアメリカやニホンから何兆円もの援助金をもらっていると知っているからです。


そして北朝鮮はその御礼として定期的にミサイルを発射し、これによって国は「危険な状態ですから防衛予算を引き上げましょう」と国民を説得し、アメリカはニホンに武器を売ることができるわけです。


このように各国の支配者が連携して国民をだます嘘の劇を「ドラマトゥルギー」と言います。」





北朝鮮の国家予算は約80億円です。


この予算で戦争を始める力はないと思います。そして核・ミサイル開発費用を2016年には200億円費やしたそうです。一体どこから資金を得ているのでしょうか?





どうやら米国製の軍事兵器はポンコツらしい、日本は仕方なく米国製武器を買わされているという現実


「すでに日本は米国から1機当たり約150億円の戦闘機F35を計42機と、1基800億円の陸上配備型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』の導入を決定していますが、米国製の軍事兵器といえばポンコツというのが自衛隊の共通認識です」(防衛省関係者)









にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。