fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

民主主義の根幹を揺るがす不正選挙疑惑

「不正選挙」これが本当に行われていたとするなら日本はもはや民主主義の国ではないと言う事になります。今回は最近耳にする疑いのある開票システムについて記事を書く事にします。


選挙の開票作業と言えば(選挙管理委員会のスタッフが投票用紙を1枚1枚確認してから計数作業をする。そして周囲を各陣営の担当者が不正がないかを監視している。)
このような想像をされる方も多いと思いますが最近ではその様子はだいぶ変わってしまったのです。


各自治体が選挙に関わる人員の削減の為にと多くの開票所で文字読取分類機が2001年頃から導入されています。かなり話題になっても良い話なのですが、何故か一般には殆んど知られてはいません。


3年前の2013年参議院選挙で全国で20万票獲得した比例選出の衛藤晟一氏の場合ですが、香川県の高松市では衛藤晟一氏を応援している人たちが確かに票を入れたと言うのに何故か0票だったのです。NHKが報道したことにより不正選挙疑惑が注目されるようになりました。しかし何故か選挙から1か月以上経って報道されたのです。


不正選挙の証拠現る!NHK


同じ選挙で、はたもとこ氏も名古屋市中区で下記のように支持者の方で確実に票を入れた方が多数いるにも関わらず、0票でした。



次に2015年の大阪府議会議員選に出馬された方(Aさん)が不正選挙疑惑で行政裁判を起こしました。そのAさんが開票作業で使用された計数機(ムサシ)について語っているインタビュー映像がありますのでご覧ください。Aさんはプライバシー保護(仕事の関係上)サングラスをかけてインタビューに答えています。


160709 【ダイジェスト版】大阪における「不正選挙」疑惑追及者Aさんインタビューダイジェスト版(聞き手:IWJ記者)


マスコミでは全く報道されていませんでしたが2013年7月の選挙で8月25日頃には不正選挙の訴訟が東京高裁扱いだけでも約100件あると言うのですから驚きです。


次に不正選挙全般について分かりやすくまとめた動画がありますのでご覧ください。


【要拡散】不正選挙の疑惑


政府・自治体はこのムサシ開票システムで投開票を実施してきました。
今までほぼ一つの民間会社が、自動読み取り機、投票箱、投票用紙計数機、投票用紙、投票用紙自動交付機など、一切合切を請け負っているのです。(現在では各自治体かなり導入されているようです。もちろん現在でも手作業で開票作業を行っている自治体もあるようですが)


最近ではグローリー社もこの自動読み取り機を開発し販売を始めた様なので、ムサシが独占とは言えなくなりました。(何か裏事情があると推測されても仕方がないと思いたくなります。)



7月10日の参議院選挙で、先日紹介した緑の党の比例区から出馬した音楽家の三宅洋平氏が落選したことがネット上で話題になっています。


今回三宅洋平氏の投票で不思議な事に開票機を使わず人の手で集計した離島の小笠原村では得票数がトップだったのです。



ここで明らかにしておきたいのですが、私達は左翼でも右翼でもありません。
今の日本を左と右に二分させ、その両者の対立構造を作り出している勢力こそが日本国民の敵なのです。そこには日本を操っている巨大な闇の存在が見え隠れするのです。不正選挙が事実であるならば買収された政治家や役人達が必ずいる筈です。もはや彼らには正義と言う言葉は通用しません。



極論のようになりますが、不正選挙うんぬんではなく、それ以前に選挙自体がすべて総務省によって操作されていると言っている方もいます。(下の動画)
闇は官僚ぐるみで深過ぎると言う事になりそうです。


選挙とは何を意味するのか? vol.2 さゆふらっとまうんど



応援のクリックよろしくお願いします。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村