fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

アメリカに何も言えない日本の現状を伝えます。

ついにオスプレイが10月1日から東京の空を飛ぶことになります。


日本に駐留している米軍に関して、日本には主権がないのです。こんな国は他にはありません、いまだにアメリカによる占領体制が続いているとしか思えません。これは左翼とか右翼の問題ではなく主権の問題なのです。


問題は国民が日米地位協定などに関心を持たないことです。私たちはこの事実に気づいて目覚めなければならないのです。


米軍横田基地に10月1日配備 (そもそも総研より)音声ONでご覧ください。



「主体的に 国防 を考えるというのはどういうことか。米国と対等に考えるということ。国防上リスクがある時にNOといえるのが主権国家」
伊勢崎賢治(元国連職員)





にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村