fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

TPP秘密公電をウィキリークスが暴露

「TPP合意は日本、韓国その他の国を押しつぶす長期的な目標」
記事をみるとTPPは自由貿易協定などではなく経済戦争ともいうべき内容です。



トランプとヒラリーもTPPに反対を表明しているのに安倍政権はなぜ強硬に推し進めようとするのでしょうか?


アメリカの陰謀という話もありますが、実はTPP加盟に一番勢い込んでいるのは日本の「経団連」だそうです。TPPによって海外の企業から日本が訴えられることも考えられますが、逆を考えると日本が有利になるらしいのです。例えば人件費が安く、環境にもあまり厳しい規制がないベトナムに日本企業が進出した場合、ベトナムがTPPに反した行動を取ったとすれば即座に日本企業が訴えを起こすことができるということです。(日本が悪者になってしまいますが、そんな気もします。)
参考記事⇒ http://luna-organic.org/tpp/tpp-4-1.html


中国への工場移転でだいぶ懲りていると思ったら海外進出をまだまだ真剣に考えているのですね。すでにグローバリズムの流れは衰退していると思いますので、先ずは国内の基盤を立て直してほしいところです。


アメリカの陰謀か日本の陰謀か良くわからなくなってきましたが、とにかく情報を公開しないTPP法案に私は反対します。




応援クリックお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村