fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

金融支配構造・ピラミッドの頂点に君臨する者

私たちの敵は何処にいるのだろうか。その4



各国が保有する中央銀行には一般に知られていない仕組み(からくり)が隠されています。
例を挙げれば米国の中央銀行はFRB(Federal Reserve Bank)=米国連邦準備銀行です。FRBは連邦とありますが実は米国の政府機関ではなく民間銀行です。
つまりFRBの株主は、国全体に影響を与える程の大きな権力を握っているのです。同様に日銀も政府機関ではありません。


米国企業P&G創業者の直系の子孫である、フォスター・ギャンブル氏は「THRIVE (スライヴ)繁栄」というタイトルのドキュメント映画を製作しました。通貨と金融支配構造の仕組みを解き明かしてくれます。きわめて重要な内容であると私は思います。
この動画は「THRIVE (スライヴ)繁栄」の一部分です。


日本語吹き替え(約25分)


金融支配構造と新世界秩序

陰で国際金融資本家を操っている者とは?
今後さらに明らかにしていきたいと思います。


次回につづく


応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村