fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

ロシア革命の真実「ロシア革命はユダヤ革命」だった


ロシアはかつて共産主義思想を掲げる国家でした。東西冷戦時代アメリカと対峙する強力な軍事国家として長らく存在してきました。ロシアをソビエトにした共産革命は一般的には労働者階級が支配階級に抑圧されたことに不満を持ち支配階級に対抗する革命だと言われてきたと思います。1905年の第一次革命、1917年の第二次革命が起こり、ついにはソビエト連邦共和国ができたわけです。


ロシア革命100年 100 Years Since Russia’s Revolution(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。(短い動画ですので、歴史的な中身よりも雰囲気を感じてほしいと思います。)



しかし実際その革命とは如何なるものだったのでしょうか?駐日ソ連大使館に勤務していた元ソ連外交官(アレキサンドル・イワノフ氏)が語った内容は驚くべきもので私たちがおよそ知っている労働者階級の革命ではなく、真実はロシア人とユダヤ人の民族闘争だったというのです。ここでいうユダヤ人とはアシュケナージ、ユダヤ人のことで、ハザール系ユダヤ人、偽ユダヤとも言います。


プーチン大統領は次のように語っていました。


「初期のソビエト連邦政府のメンバーは80〜85%がユダヤ人、偽の思想に導かれたユダヤ人は、ユダヤ教徒、クリスチャン、イスラム教徒などを弾圧しました。
視野の狭い空論と偽の思想が崩壊したことを神に感謝します。」


この偽の思想に導かれたユダヤ人とは紛れもなくハザール系の思想を受け継いだユダヤ人のことです。


露プーチン大統領「初期のソビエト連邦政府のメンバーは80〜85%がユダヤ人、偽の思想が崩壊したことを神に感謝します」(日本語字幕)



当時のソ連において政権を担っていたのはロシア人ではなくハザール系ユダヤ人だったので当然ロシア国民からすればロシアはユダヤ人に乗っ取られていたと見ていたことでしょう。



[1953年ジューコフ元帥の軍事クーデターでユダヤ勢力が弱体化、ソ連崩壊へ]


スターリン死後の1953年6月26日、ジューコフ元帥の軍事クーデターで国家保安省本部を占拠しベリヤとカガノビッチらを逮捕したことによりユダヤ勢力は弱体化されました。カガノビッチはハザール王室直系の子孫でスターリンの片腕といわれた人物です。


(1953年に軍事クーデターがあったとは驚きです。ジューコフ元帥は間違いなくロシアのヒーローでしょうね。)


そしてソ連崩壊に至った1991年8月のクーデターソ連8月クーデター - Wikipediaは「ユダヤ第二革命」が失敗したのだと元外交官アレキサンドル・イワノフ氏は語っています。


ソ連8月クーデター(ユダヤ第二革命が失敗し、国家の主権が国民にあることを確定した記念すべき日です。)



ロシアはユダヤ勢力を排除してロシア人によるロシア人のための国家になったというのが事実のようです。(ペレストロイカ・ソ連崩壊については下記の記事「元ソ連外交官が語る「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌」をぜひお読みください。)



多くのロシア国民は当時ソ連での悲惨な体験を味わっています。二度とユダヤ人に乗っ取られる様なことがあってはならないと思っているはずです。つまり主権を取り戻したソ連崩壊後のロシアはハザール系ユダヤ人の入る隙を与えない国家になったのではないかと私は思います。


現在の強い国家ロシアの理由はここにあるのだと思います。




ロシア革命の真実が次の記事にあります。


元ソ連外交官が語る「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌


[旧ソ連時代、駐日ソ連大使館に勤務する外交官だったアレキサンドル・イワノフ氏は、1993年夏に日本を訪問しました。そして全国各地で講演を行い、これまでのロシアでは何が起きていたのか、今のロシアで何が起きているのか、そもそもロシアの「ユダヤ問題」とは何であるかについて、熱を込めて語りました。


イワノフ氏はモスクワ大学を卒業し東京大学大学院を修了した、日本事情にも詳しいロシア人外交専門家です。彼の講演には、私たち日本人がおよそ耳にすることのなかった驚くべき内容が数多く含まれていました。彼は私たち日本人に、知られざるハザール系ユダヤ人とロシア人の戦いの歴史を余すことなく語ってくれたのであります。


以下は、彼が行った講演内容をまとめたものです。]


どうぞお読みください。⇩⇩⇩







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村