fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

西欧諸国に保護されるホワイト・ヘルメットとウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジの危機

シリア国内で猛威を振るっていたテロリストたちは、現在米軍の支援がない状態が続いており、衰退の一途をたどっています。


そして、ロシアの支援を受けている「シリア・アラブ軍」(シリア政府軍の正式名称)の猛攻によって降伏した反政府軍とテロリスト達は武装解除後、国外に去っています。


シリア国内で、テロリスト達の支配地域で活動していたNGOのホワイトヘルメットについては、イスラエルが積極的に、この組織の亡命を認めて受け入れを始めています。(もちろんホワイトヘルメットに限らず他のテロ組織なども受け入れていると思われます。)


カナダとドイツも受け入れを表明していますが、ドイツでは議員の間から「テロリストを受け入れず、アサンジ氏を受け入れるべきだ」という意見も出ています。RTニュースをご覧ください。


ドイツはホワイトヘルメットに亡命者として認めようとしているが、アサンジについては亡命を認めないのかと何人かの議員は疑問視している。(RTニュース、日本語字幕)





サウスフロントニュースはシリア国内の戦闘状況を毎日詳しく更新しています。ご覧ください。サウスフロントニュースより動画を引用 → https://southfront.org/


シリア内戦報告 2018年7月23日:イスラエルはホワイト・ヘルメットのメンバーをシリア南部から避難させる。(日本語字幕)




米露首脳の会談では、シリア情勢以外に、ウィキリークスとアサンジ氏が議題に上がっていたと思います。残念な結果にならないことを願います。




宜しければユーチューブの登録をお願いします。→ FACE THE TRUTH - YouTube




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村