fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

米国、影の政府は大規模に一般市民を拘束する計画を立てています。


陰謀論ではありませんが、影の政府は、近い将来起こる米国の経済的崩壊で国内が混乱し、暴動が起こることを予想して、大規模に市民を拘束する計画を立てています。


しかし多くの市民が銃を所有しているため、政府が無理やり実行すれば当然市民の反発が激しくなり、内乱状態になることも考えて影の政府は銃規制を強化させ経済的崩壊が起こる前に一般市民から銃を強制的に奪い取るでしょう。


近年起きている銃によるテロ事件は、世論を操作するために起こされた、偽旗テロではないかと私は思います。




一般市民を拘束するジェイド・ヘルムという軍事演習が実施されたことがあります。


[ジェイド・ヘルムは2015年の7月~9月にアメリカ(米国)で行われた、大規模軍事演習のことです。ただ、普通の軍事演習と違い、明らかに目的が、「一般市民を拘束」する演習...]
https://matome.naver.jp/m/odai/2150777246885252101



ジェイドヘルムはアメリカ国民を取締り、自由を奪うためのものである。



~新世界秩序の総仕上げ~【ジェイド・ヘルム】 『新・霊界物語 二十九話』



経済的崩壊が起こると同時に一般市民の拘束が実行されます。


https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=140373より一部引用します。


[NWOアジェンダを推進するグローバリストは、いずれ現状の金融システムが崩壊することが避けられないのを知っています。経済崩壊で混乱に陥って、市民が銃を持って自分たちに襲いかかるのを極度に恐れているのです。


そのため、経済崩壊が起こる前に、政府に対して反抗的な住民から、何としても銃を押収しようとしているわけです。


前々から、何か起こるのではないかと言われてきましたが、ますますそうした状況が濃厚になってきたように思います。] 



ある国連部隊兵士の証言


http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52016859.htmlより一部引用します。


[国連部隊の兵士:国連部隊がアメリカを占領する。我々は各家を捜査し銃を押収する。拒否する者は殺害する。


スティーブ・クイル氏によると:


国連はアメリカ占領計画を実行に移そうとしています。そのことを裏付ける情報をあちこちから入手しました。


過去6~7年間、米軍のそばで任務に関わってきた国連部隊の兵士(ノルウェーの兵士)から入手した情報:


ノルウェーの兵士:「私にできることは何もないが、善良な人々に前もって知ってもらいたいため、この情報を伝える決心をした。もうじき、国連部隊がアメリカ各地の家々を捜査し住民から銃を押収する。拒否した者は全員殺害することになっている。国連部隊は既に捜査することになる家の住所と住民の名前をリストアップした。」
(彼は自分たちがこのようなことをやらなければならないことにかなりの恐怖を感じています。)]




これらの理由により米国市民の銃が奪い取られるようなことが絶対にあってはならないと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村