fm VenusのブログⅡ

私たちの敵は何処にいるのだろうか・光と影の話

《5/2更新、追加記事あり》イスラエル軍、無慈悲にも非武装地帯のパレスチナ人を射殺する


パレスチナの幼い男の子がイスラエルの戦車に向かって石を投げようとしています。この写真は今現在のイスラエルとパレスチナの力の差を象徴していると私は思います。


先ず、皆さんに下図を見ていただきたいのですが、パレスチナの土地は1947年から力ずくで無理やり奪われてきたのです。日本のマスメディアはこういうパレスチナの現状を報道することは殆どありません。


イスラエルが問題のはずなのに何故か「パレスチナ問題」と言います。そして、中東で暴れているテロリスト達が何故かイスラエルには現れていないという事実もあります。


真実が隠されています。まるでイスラエルとパレスチナの双方が起こした問題かのように聞こえているかもしれませんが、そうではないと思いです。


黄色がパレスチナ、緑がイスラエルです。



いかにイスラエル軍が野蛮か、そして攻撃的かを知って欲しいと思います。
若い青年が非武装地帯でパレスチナの旗を振っているのです。法に触れることは何もしていないのです。ただイスラエル軍にとってそれは不愉快な光景だったのでしょう。


WAR CRIMES! Video Proof That Israel Is Murdering Unarmed Palestinians 日本語字幕
字幕機能ONでご覧ください。短い動画です。




こちらの動画もぜひご覧ください。イスラエルはパレスチナの町を破壊し人々の命を奪うことで土地を奪ってきたのです。これは明らかにイスラエルの戦争犯罪です。世界中の人々は未だにこの事実を理解していないのではないでしょうか?


[ドキュメント]ガザ:夜明けの大虐殺 〜日本語字幕〜





武装組織ハマスは偽旗、ハマスはパレスチナ攻撃の単なる口実にすぎない。


イスラエル VS ハマス(武装組織)⇦ 戦争の構図
「しかし、このハマスは、イスラエルが作ったとPLO議長アラファトが、世界に暴露した。その結果、アラファトは暗殺された。」
ガザ:夜明けの大虐殺 〜日本語字幕〜 | wantonのブログ



パレスチナの武装勢力「ハマス」について故アラファト議長が言及
2001年12月21日 パレスチナ自治政府のパレスチナ自治政府アラファト議長は、イタリアの主要出版社とのインタビューで、ハマスの起源と運営について詳細に説明した。「ハマスはパレスチナ解放機構(PLO)に反対する組織を作ることを目的とし、ハマスはイスラエルから資金援助と訓練を受け、引き続き恩恵を受けているイスラエルの一部の協力者たちがこれらのテロ攻撃に関与しているという証拠があり、私たちはその証拠を持っています。」Arafat: Hamas Are Sharon's Children
その後アラファト議長は2004年に死去、CNNニュースが毒殺説を裏付ける記事を出しました。CNN.co.jp : アラファト氏毒殺説裏付けか 遺体からポロニウム検出 - (1/2)


第9代イスラエル大統領による、アラファト議長暗殺への関与を認める発言
ペレス大統領は、アラファト議長の暗殺の事実を認めた上で「アラファト議長とは、まだ協力の余地があったがゆえに、彼は暗殺されるべきではなかった。アラファト氏亡き後、事態はさらに複雑化している」と述べた。ラジオ・イラン2013/01/13(現Pars Todey)http://japanese.irib.ir/news/commentaries/item/34520-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%88%E8%AD%B0%E9%95%B7%E6%9A%97%E6%AE%BA%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%B8%8E%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%8B%E7%99%BA%E8%A8%80




※追加します。パレスチナの今現在を伝えるツイッターの動画です。


「イスラエルは、パレスチナ人を自国の土地から組織的に追放しています。数千人の人々を自宅から退去させているのです。パレスチナ人への民族浄化が続いています。」

画面中央をダブルクリックでスタートします。



「IOF(イスラエル占領軍)は世界で最も不道徳な軍隊です。パレスチナの民間人を撃った後、彼らは負傷者を必死に助けようとするパレスチナの救急隊の行動を阻止したのです。」



日本人が見たパレスチナです。街の様子はまるでナチスが作ったゲットー(ヨーロッパでユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区)のようです。イスラエル建国の歴史もわかりやすく語っています。
動画制作者⇒「パレスチナに来る前は、パレスチナはテロ国家と思っていました。」
そんな彼は現地の状況と市民の暮らしを伝えます。ご覧ください。








参考記事
ガザ:夜明けの大虐殺 〜日本語字幕〜 | wantonのブログ
この二つの写真を見れば、言葉は要らない。 | wantonのブログ




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村